about

得蔵寺(とくぞうじ)は、石川県輪島市門前町安代原5-109にある寺院。山号は滋徳山。
1600年の関ヶ原の戦いで負け、この世を去ってしまった石田三成。
その石田三成が最後まで大切に持ち歩いていたのが、石田家に代々家宝として伝わっていた聖徳太子像です。

関ヶ原合戦後、石田三成は処刑される前にこの聖徳太子像を甥に託し、能登へ逃れるよう促したと言われています。
その後、室町時代に開かれた慈徳山得蔵寺に置かれるようになり400年以上、現在まで管理をしております。